エリア選別の方法|飲食店のコンサルタントで勝敗をあげよう|ニーズに合わせる
メンズ

飲食店のコンサルタントで勝敗をあげよう|ニーズに合わせる

エリア選別の方法

バリスタ

大手との勝負

カフェは街角にありふれています。少し休憩したいと考えている消費者が気軽に入る事のできるカフェは、街角の中では人気の商売方法でもあります。しかしカフェの営業はそんなに簡単なものではありません。経営を持続させることは難しく、個人で開業する場合、数年で半数以上のカフェが廃業に追い込まれている数値報告もあります。その理由は大手チェーン店の参入です。名の知れた大手のチェーン店は価格も安く入りやすい雰囲気、そして安心感があります。初めて入る店でもその感覚がないため利用しやすくなっているのです。世界的なチェーン店であれば、外国人環境客の取り込みも容易になっています。大手と真っ向から勝負しなければならない局面があるのです。

需要が多いエリア

開業する場所を考慮するとき大手の出店していない場所を考慮する人もいます。しかし大手が開業していない場所はそもそもカフェの需要がない地域なのかもしれません。もしかすると今後大手が開業計画を出している可能性もあるのです。そのため大手が出店していないエリアが必ずしも得策とは限らないのです。逆に言うと、大手が出店している場所は、カフェの需要が高く、顧客もカフェを求めているエリアでもあるのです。真横で勝負することは無謀かもしれませんが、その近隣では十分集客を見込むことができるのです。安く早くそして安心して利用できるなどのニーズは同じです。そのため顧客視点に立ったカフェスタイルを提案することで集客は十分に賄えるのです。